中嶋茂夫の著書「Facebookでビジネスを加速する方法」読者限定で公開しているFacebookページのテンプレートの配布サイトです。

Facebook塾(中嶋茂夫)を開講します

以前から個人向けのFacebook講座をやりたかったのですが、このたびfacebook講座を開講することになりました。(2013年4月〜)

詳細は→ Facebook塾 中嶋茂夫

レッスン1
Facebookで何ができるか?儲かった事例を自分のケースにあてはめるまずはFacebookって何ができるの?というところを正しく理解します。
中嶋講師の多数のコンサル先の事例とともに、中嶋講師自身のアフィリエイトやブランディング、出版戦略など、実例を使って、あなた自身の売上が倍増する収益プランを立てていきましょう。

レッスン2
商品を探そう!自分に合った売れる商品の見つけ方とは?今すぐ売るものがない、という方でも大丈夫。
商品を持たない個人が、どうやって売れる商品を見つけて、どうやってFacebookで売上アップしているのか?
そのからくりを全てお教えします。売れる商品の見つけ方をマスターすれば、どんな商品でもFacebookで売上アップができるようになります。

レッスン3
「個人アカウント」と「Facebookページ」の違いを知り、売れるFacebookページを作ろう!多くの方がその違いを理解できていない、個人ページとFacebookページの使い分けを理解できていますか?
実はこれをうまく使い分けることができている人はほとんどいないばかりでなく、使い分けることさえ知らない人がほとんどです。たったこれだけのことを理解するだけで、ライバルと圧倒的な差をつけて、稼ぎの入り口を一気に広げます。

レッスン4
正しいFacebook登録方法。登録時に絶対にやってはいけないこととは?アカウント開設は簡単にできますが、意外と知らずに法を犯していたり、
個人情報が簡単に漏れてしまうことに気づいていなかったりします。
「登録時にやってはいけないこと」を押さえることで、
Facebookで安心して稼ぎまくることができるようになります。

レッスン5
個人情報を守るための基本情報の公開設定方法とは?投稿した記事は誰に見えているのか?どこまで広がっているのか?を正確に理解し、
プライバシーを守りながら必要な情報だけを必要な人にだけ公開する方法をご存じですか?ここをマスターすれば、家族や友人に迷惑をかけずに安全にプライベートとビジネスを切り分けて見込み客へアプローチすることができます。

レッスン6
仕事の依頼が来るプロフィールの書き方とは?
カバー画像とプロフィール写真で効果的にあなたを演出する方法プロフィールは意外と見られているって知っていましたか?
あなたに興味を持ってもらう、ファンになってもらうところから、
無名でも1件10万円のビジネスのオファーにまでつながる効果的なプロフィール情報の書き方
ファンが増えるカバー写真の作り方を学びます。

レッスン7
友達の友達からビジネス人脈を増やす、リスト管理の極意とは?友達は増やすだけではなく、徹底したリスト管理をすることでビジネスを加速する人脈をガンガン増やすことができます。ほとんどの人がやっていないリスト管理の方法を理解して相手のニーズにあった情報を提供し、
高い成約率をあげることができるようになります。

レッスン8
「いいね!」「コメント」がつく、爆発的に情報がひろがる投稿のポイントとは?反応が高い投稿をすることで情報の拡散スピードをアップさせることができます。
誰に何を投稿すればいいのかがわかり、「いいね」や「コメント」が大量につく投稿ができるようになります。

レッスン9
コミュニケーションを広げ、ビジネスが加速する効果的なタグ付けのしかたとは?意外と活用されていないタグ付け機能ですが、正しく活用すれば、あらゆる人のタイムラインをジャックすることも可能です。 タグ付けの仕組みを理解すれば、発生しやすいトラブルも回避でき、ありえない勢いでコミュニケーションを拡大することができます。

レッスン10
一度の告知でセミナーにラクラク集客できる「イベント」機能の使い方とは?Facebookのイベント機能を使えば、セミナーの集客を手間をかけずに一気に行うことができます。
パーティやセミナーにあっという間に人を集めるイベント機能の使い方と、人が集まる告知の仕方を学べば、あなたのセミナーやイベントを一瞬で満員にすることができます。

レッスン11
見込み客がガンガン集まるFacebookページのタイトルの付け方とは?Facebookページの開設は簡単にできますが、そのタイトルの付け方ひとつで集客力が圧倒的に変わります。
見込み客が集まるタイトルの付け方とFacebookページの作り方をマスターすれば、検索エンジンでも上位に表示させることが可能になり、ほおっておいてもじゃんじゃんアクセスが集まるようになります。

レッスン12
集まった見込み客を逃さない!効率よくメールアドレスを集める仕組みの作り方とは?あなたのFacebookページに集まったユーザは逃さずメールアドレスを獲得できるよう、その仕組みFacebookページ内に仕込みます。
メールアドレスを集めておけば、成約率の高いダイレクトメールを送信するリストの構築が可能です。

レッスン13
あらゆるメディアからFacebookに誘導するためのホームページを誰でも簡単に作ることができる方法とは?Facebookページへの誘導は他のメディアとの連携がじわじわと効果を上げます。
まだホームページを持っていない方もこの方法なら簡単にホームページを作ることが可能です。

レッスン14
個人ページから誘導するための「近況投稿」と「ノート」の使いわけ方とは?Facebokページには近況投稿だけでなく、「ノート」という機能があるのをご存じですか?
検索エンジン対策にもなる「ノート」の活用であなたのメディア全体へのアクセスをアップさせることができます。

レッスン15
ホームページやブログを使って効率よく「いいね」を集める方法とは?「いいね」を効率よく増やすには、ブログやツイッターなど他のメディアと連携させなくてはなりません。
どこをどうつなげればいいのか、どこに何を設置するのか、その手順をわかりやすく解説します。

レッスン16
予算を最小化しながらFacebook広告を出し、いいねをガッツリ集める秘訣とは?Facebook広告は出し方ひとつで、予算を最低限に抑えることが可能です。
PPCやメルマガ広告などに比べ、圧倒的な低予算で出せるFacebook広告をマスターして、
「いいね」をじゃんじゃん集める方法を解説します。

レッスン17
1日で300いいねが集まる懸賞サイトの活用法とは?実は一番てっとり早く「いいね」を集める方法の一つに「懸賞サイト」の活用があります。
どんな景品でどこで開催すればいいのか、1日で300以上の「いいね」を集めることも可能な懸賞キャンペーンの公開方法をマスターします。

レッスン18
売上が倍増する、商品紹介のしかたとは?あなたが販売する商品の売上を倍増させる、効果的な投稿方法を学びます。
近況投稿やノートの使い分け方を学べば毎日商品の売り上げ通知がザクザク入るようになります。

レッスン19
ユーザの動きを分析して、効果のある投稿を見極めるには?Facebookに付属する「インサイト」というアクセス解析ツールの使い方を学びます。
ユーザの動きを分析して、ニーズに合った投稿ができれば、「いいね」や「シェア」の反応が格段にアップします。

レッスン20
1通の配信で売上があがるメールマガジンの書き方とは?Facebookページで商品の情報を拡散させながら、
メールマガジンできっちり確実に売上に結びつける、これがFacebookを使って売上を10倍にするための鉄則です。
Facebookページへの投稿とは違う、売れるメールマガジンの書き方もお教えします。

レッスン21
YahooやGoogleからの集客でアクセスを一気にアップさせる方法とは?「Facebookページノート」+「ブログ投稿」で、検索エンジンから濃い見込み客のアクセスを集めます。
SEO専門家の私ならではの得意技を伝授し、集客力をアップできます。

レッスン22
強制的にユーザのニュースフィードにあなたの投稿を掲載するワザとは?毎日投稿してもユーザのニュースフィードに表示されなければ、 
だれもあなたの投稿を見てくれず情報が拡散されません。
しかし、投稿するたびにある設定をすることでユーザのニュースフィードに強制的に表示させて情報拡散をすることができるようになり、1回の投稿を1万人に見てもらうことも可能になります。

レッスン23
あなたのメディアをグルグル回り、滞在時間を伸ばすコツとは?メルマガやツイッター、ブログなど、あなたの展開するソーシャルメディアをグルグルまわる仕掛けをつくり、ユーザの滞在時間をのばすことで、各メディアに散らばせた成約ポイントにユーザをガンガン誘導できます。

レッスン24
Facebookの活用を加速するとっておきの方法とは?さらにFacebookを活用するために、どんな媒体と連携させればいいのか、その手順は?
など売上アップを加速させるためのプラスアルファの方法をマスターします。

このブログ記事について

このページは、中嶋茂夫が2013年3月12日 09:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Facebookページの無料テンプレートを配布中です」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ