まぐまぐで配信しているメールマガジンのバックナンバーです。

ソーシャルメディアはやるべきか?

| トラックバック(0)

ネットを活用して集客増&効率化【703号】

▼ソーシャルメディアはやるべきか?

●中嶋茂夫の講演予定

▼1月14日:アメブロ活用セミナー(箕面商工会議所)
http://ameblo.jp/tetsubiz/entry-10762707483.html
▼1月15日:Google Appsセミナー:動画活用(岡山県中央会)
▼1月18日:メディ活出演
▼1月22日:マーケティングセミナー in 京都
http://www.landingpageoptimization.jp/kyoto.html
▼1月27日:アメブロ活用セミナー(箕面商工会議所)
http://ameblo.jp/tetsubiz/entry-10762707483.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こん●●は!
cjこと中嶋茂夫です。

今週、1月14日に箕面商工会議所主催で開催する
アメブロ活用セミナーの残席がわずかとなっています。

詳細は↓こちらをご覧ください。
http://ameblo.jp/tetsubiz/entry-10762707483.html

ご希望の方は、お早めにお申し込みください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ソーシャルメディアはやるべきか?】

2011年1月15日、フェイスブックを創設した
マーク・ザッカーバーグを描いたえいが
「ソーシャル・ネットワーク」
http://www.socialnetwork-movie.jp/
が公開になります。

Web制作会社、アフィリエイター、ネットショップ管理者など
ホームページやブログで
インターネットマーケティングに関わる方は

この1年間で「ソーシャルメディア」という言葉を
嫌というほど聞いたと思います。


ソーシャルメディアの定義はイメージしにくいのですが、
「訪問者や閲覧者も参加して作り上げるコンテンツ全体」
を指します。


ブログもコメントが何百にも増えてくると、
コメントだけでコンテンツになりますし、
2chなどの掲示板も書き込みをする多くのユーザーによって
コンテンツが作られているのでソーシャルメディアと言えるでしょう。


ですから、実はソーシャルメディアを私たちは、
いつの間にか自由自在に使っていることになります。


しかし、最近「ソーシャルメディア」の例として紹介されるのは
フェイスブックやツイッターなど、
ここ数年でユーザーが爆発的に増えたサービスなので、
ここでは、

フェイスブック、ツイッター、mixi、
はてなブックマーク、YouTube、など

そのサービスにログインしているだけで、
楽しむことができ、他のユーザーと交流ができ、
意見交換などができるサービスを
「ソーシャルメディア」と呼ぶことにします。


さて、映画の話に戻しますが、
ソーシャルメディアの中で最近、俄然注目を浴びているのが

フェイスブック(Facebook)です。


映画の公開のタイミングで
フェイスブックをビジネス活用しようと考える
企業や個人が急増すると思いますが、

「大多数の方が使ってみて、よく理解できずに終わってしまう」

ことになってしまうと思います。


その理由ですが、
そもそもフェイスブックで発信する情報は、

「自分以外の第三者に紹介されるからこそ価値がでる」

のであって、自分自身だけでいくら宣伝活動をしても
マーケティング的な効果は出ないことを
理解していない方が多いからです。


まさに、Googleが検索順位を決定する際にしている

「第三者から推薦や評価、口コミ」

と同じことです。


販売している商品を購入してもらうためには、
販売者自身が宣伝するよりも
利用者に使い勝手の感想を広めてもらった方が
購入してもらいやすいことと同じです。


商品購入を決定づける大きな理由の中に
・仲の良い人に紹介される
・信頼している人に紹介される
ことがありますが、まさにコレです。


つまり、フェイスブックを運用する時に忘れてはならないことは

「一方通行の発信型のコンテンツではつまらないし、マーケティング効果も無い」

ことです。


情報発信することによって、
どれだけ多くの人を巻き込みながら
プロモーションを仕掛けることができるか?

この戦略が無ければ、
フェイスブックでビジネスの結果を出そうとしても
なかなか上手くいかないわけです。

もし、発信する情報の質や量に自信があるなら、
フェイスブックは、やるべきです。

間違いなく、既存のサイトやブログへのアクセスが増加します。


逆に、双方向性のコミュニケーションが苦手な方は
やるべきではないと思います。

ファンページの運営は
ブログに近いので良いと思いますが、
コミュニケーションの苦手な方が
個人プロフィールページを運営すると悲劇です。

とは言うものの、
通常のビジネスシーンと同様のコミュニケーション能力のある方
であれば大丈夫です。

ちょうど本日より
友人の松宮さんが、
フェイスブック本のキャンペーンをされています。

http://www.forestpub.co.jp/amazon/face/

今のうちにチェックしておいてください。


中嶋のフェイスブックページにもアクセスしてくださいね!
http://www.facebook.com/nakajimashigeo

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

本日からようやく本来の仕事らしくなってきました(^^)


▼「山手線と東海道新幹線はどちらが儲かっているのか?」

今発売中のマガジンハウスの「ブルータス」という雑誌で
「2011年、【世の中】を考える175冊」
という特集で紹介されています↓(3月12日をクリック!)
http://magazineworld.jp/brutus/700/#tab_mokuji

・鉄道専門誌で続々紹介されています

鉄道模型趣味11月号
鉄道ダイヤ情報12月号
鉄道ファン2月号
鉄道ジャーナル2月号

鉄道雑誌での書評でも、本書が好評なのは、
とても嬉しいことです。

鉄道ジャーナリストとしてのサイトも
現在作成しています。

・ネットニュースでも紹介されています。

読売新聞10月12日
http://www.yomiuri.co.jp/book/briefcomment/20101012-OYT8T00287.htm

ニフティニュース10月17日
http://news.nifty.com/cs/item/detail/sinkan-20101017-1464/1.htm

新刊JP10月17日
http://www.sinkan.jp/news/index_1464.html?top

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nakajimashigeo.com/mt5/mt-tb.cgi/15