Googleの相互リンクペナルティの基準は?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

WEBマーケティングコンサルタントの中嶋茂夫です。
2012年はペンギンやパンダなど、さまざまなGoogle検索のアップデートが行われました。
これ以降増えたのが「相互リンクはやらない方が良いでしょうか?」という質問です。

その理由は、ツールを使った過剰な相互リンクやツールによるリンク構築を使っているアフィリエイターや個人事業主の一部で、順位の下降にあっただけでなく、Googleページランクのダウンの報告があったからだと思います。相互リンクによるペナルティがあったと考えているのでしょう。

しかし、気をつけるべきは、短絡的にGoogleは相互リンクをペナルティにするから、「相互リンクは悪」と考えてしまうことです。

Googleのペナルティを恐れるあまり、相互リンクを止めてしまったり、今まで時間をかけて相互リンクをしたリンクを外すなどするWEBマスターもいるようですが、そこまでGoogleのペナルティ発動の噂に振り回されることはありません。

Googleが発表した相互リンクのペナルティはあくまでも「過剰な相互リンク獲得」であり、有益と感じるページとの相互リンクは双方にとってランクアップをもたらすものに変わりはありません。
実際、私の管理サイトの中には、相互リンクを中心とした被リンク獲得の施策をして、成功しているものが多いです。

ただし、やみくもに相互リンクの数を増やすのではなく、価値の高いページや有益と認められるページとの相互リンクをするようにしています。
たとえば、ページランク0のページや、自動登録型の中小検索エンジンなど、Googleが低い評価をしていると思われるページとは相互リンクを申請することも受けることも控えています。

わかりやすい例ですが、Googleのページランクは結局のところ、有益なページが高い数字になっています。私のサイトが、Googleページランク5や6のページと相互リンクを得る機会があれば、積極的にするのは当然のことでしょう。

この時の相互リンクは、けっしてページランクの高いページからのリンクを望んでいるのではなく、有益なページと相互リンクをすることで、私のページから有益なページに飛んでもらえるというサイト運営者から訪問者へのメリット提供ができます。つまり、Googleからのペナルティとは無縁の状況になります。

以上から、私の今のスタンスは「相互リンク肯定派」で、特に有益なページとの相互リンクはGoogleのペナルティには関係なく、積極的にすべきだと考えています。
ここで注意したいのは、ページランクが高いページだったら何でも相互リンクすれば良いのか?という問題です。ページランクが高いページの中には、中古ドメインを購入した時点でのページランクが残っているだけで、実態のないドメインも存在します。あくまでもサイト全体の内容を見て、そのページが価値あるものと判断できれば相互リンクすべきでしょう。